テレワークの利用で移住しても仕事を快適に

働き方改革など『テレワーク』という言葉を耳にすることが多くなってきました。

テレワークとは

情報通信技術を活用し、場所や時間にとらわれず柔軟に働くこと

日本でテレワークが始まったのは30年前だそうです。

自社の働き方改革や

テレワーク環境を整えて集客を行う地域など

地域や企業の実情に応じて様々な方法があります。

 

長野県では首都圏からの利便性、自然の豊かさを活かしてテレワークの推進を行う地域が増えてきています。

東信地域では、

軽井沢町で、民間による『軽井沢リゾートテレワーク協会

佐久市では、広告会社のJR東日本企画とテレワークの推進などで包括連携協定を結びました。

 

東信地域は東京まで新幹線で70分程度のためアクセスも良いです。

新幹線通勤をされている方もいらっしゃいます。

移住をするときに気になるのは住まいの他に、仕事が気になりますよね。

テレワーク環境が整っていると、移住への一歩も踏み出しやすそうです。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ