2019年10月幼児教育無償化は何が変わるの?

今年の10月から、幼稚園・認定こども園などを利用する、3歳から5歳までの子どもたちの授業料が無償化されます。

小さい子供を持つ親御さんにはかなり気になるニュースではないでしょうか。

子どもを園に入れる時の選択肢として、保育園にするのか?幼稚園にするのか?悩みますよね。

無償化についてわかりやすくまとめてみました。

保育園

3歳児クラスから無償化

4月1日時点で3歳になっていないと無償化の対象になりません。

我が家の長女は現在、保育園の2歳児クラスに通っていて今年3歳になりますが、適用は来年からになります。

 

幼稚園

授業料は月額25,700円まで無償化。

無償化の対象外は、通園送迎費、給食費、行事費、教材費、その他です。

預かり保育は、月額11,300円まで無償。ただし、日額は450円が上限となります。

幼稚園でも準備クラス(2歳児クラス)があるところは、3歳の誕生月の翌月から無償化が適用されます。

授業料、預かり保育ともに認定・請求の申請が必要になります。

園からのお便りなどをこれからしっかりチェックすると良いですね。

認定こども園

教育・保育を一貫しておこなってくれる施設です。

まとめ

10月からの幼児教育無償化についてですが、小さい子供をいつから通園させるのかにもよりますよね。

保育園を利用する場合は、就労していることが前提になってくるので、専業主婦だったり短時間のアルバイトからしてみるなどは、幼稚園の方が預けやすいと感じます。

現在は、未満児の保育園と、次男が幼稚園の年長で通っているので、保育園と幼稚園についても触れてみますね。


ランキングにチャレンジしています。

応援お願いします♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ