長野県の本格的な寒さが気になったときにおすすめの暖房器具

長野県の秋は気づくと突然訪れます。

日中の暑さは湿度が低いとはいえ、30度前後。

朝晩が急にひんやりと感じてくると秋の到来ですね。

まだ、移住をしてきて秋から冬を体験していないとしたら、朝晩ひんやりとしてきたころに暖房が欲しいと感じると思います。

秋の涼しさ(寒さ)を感じてこままで、冬を過ごすことができるのだろうか?

と不安になるときもあります。

もし、長野県の冬の寒さが気になったときにおすすめなのがペレットストーブです。

ペレットストーブとは

燃料に木質ペレットを使用したストーブで、化学物質を含んでいないため、人体にも無害で環境にも優しい。

主には電力を必要とする機器ですが、薪ストーブとの兼用タイプもありその場合は電源不要の機種もあります。

 

炎が見られることで、体だけではなく、その炎の揺らぎでリラックスすることも。

炎がみられるなら薪ストーブが良いのでは?と思った方もいるのではなでしょうか。

 

薪ストーブをあとから導入するのはなかなか大変なんです。

既存の家に後から薪ストーブを導入するためには、煙突工事の以外にも熱から床や壁を守るための耐火工事や壁などを取り払うリフォーム、家具の配置の変更が必要な場合があります。

薪ストーブを導入することで今までと生活動線も変わってくるので、手軽に導入するというよりは、リフォームを兼ねて導入を検討された方が良いですね。

思いのほか費用が掛かるだけではなく、薪ストーブの燃料である薪を置いておく場所、薪割スペースなども必要となってきます。

 

一見似ているようで異なる薪ストーブとペレットストーブ。

薪ストーブは本体全体が暖かくなるのに対して、ペレットストーブは本体の全面が暖かくなります。

ペレットストーブの設置は、基本的に壁から排気筒を出すために壁際の設置になります。

そのため既存の住宅の場合、壁面で他のもモノととの距離が30センチから100センチ離れていれば設置可能のため、家具のレイアウト変更程度で済みます。

後から設置しやすいのはペレットストーブですね。

ペレットストーブの実機を見てみたい場合は佐久市にペレットストーブのショールームがあります。

事前にお問い合わせの上、見学されてみてはいかがでしょうか?

ペレットストーブ専門店:ペレットプラス