エアコンの温度設定は冷房と暖房同じ温度設定でも電気料金が違ってくる!?

夏と冬の冷暖房器具としてエアコンを年中使用している、という方も多いですよね。

近年では省エネのエアコンも増えてきたので新しく買い替えると電気代が安くなるということも。

エアコンの暖房モードと冷房モードでは、暖房モードの方が電気料金が高くなりやすいのをご存じでしょうか。

今回は、その理由と少しでも電気代を抑える方法などをまとめました。

設定温度を25℃にした場合の温度差

冷房25℃の場合、夏場の最高気温は高くても40℃くらいのため、仮に室外温度を40℃とした場合、室内温度との温度差は15℃

暖房25℃の場合、冬場の最低気温は氷点下0℃をきることもあり、室外を0℃とした場合、室内温度との温度差は25℃

夏よりも冬の方が外気温との温度差が大きく、設定温度に合わせるための消費電力が増えるため、結果的に電気代が高くなりやすいといえます。

 

環境省が推奨する暖房の設定温度の目安も夏場「28℃」、冬場「20℃」となっていますね。

設定温度を1℃低くしたり、高くすることで、約10%の消費電力削減となり、CO2発生も削減され地球温暖化防止につながります。

つい設定温度を高めや低めに設定しがちですが、色々と工夫をして冷暖房効率をあげてみましょう。

 

エアコンの電気代を節約するコツ

・運転モードは自動運転

・風向きは「下向き」に設定

・短時間でオンオフするよりも点けっぱなしに

・定期的なフィルターの掃除

・室外機も時々掃除する

・窓ガラスに断熱対策

 

寒い冬場、特に長野県はしみるような寒さです。

家の断熱性能が良い場合、エアコンと床暖房で寒さを耐えられる人と耐えられない人、個人差があります。

冬を快適に過ごすために、他の暖房器具を検討してみはいかがでしょうか^^


ランキングにチャレンジしています。

応援お願いします♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ