新型コロナウイルスの影響!品薄商品の代替え方法は?

連日の報道、3月には卒業式などの行事もあるため、落ち着かない日々が続きますね。

ドラッグストアやお店に行ってもマスクが見当たらないという方も多いのではないでしょうか。

今回は市販のマスクや消毒液がない場合の代替え方法などをまとめてみました。

 

品薄な物

現在、購入が難しいものはマスク、除菌シート、消毒殺菌のハンドソープなどではないでしょうか?

新型コロナウイルスの種類

ウイルスにはエンベロープと呼ばれる膜があるものとないものの2種類。

エンベロープのあるウイルスはアルコール消毒をすると膜が壊れて感染力を失います。

新型コロナウイルスはエンベロープありのタイプで、アルコール消毒が有効とみられています。

子ども感染症ナビより

消毒用エタノール

消毒用エタノールがある場合は手指も消毒できるのでよいのです。

ない場合は、手や皮膚は石鹸でしっかり洗いましょう

 

次亜塩素酸ナトリウム

物の消毒には適しています。

注意点

手や皮膚に使わない

酸と絶対に混ぜない

十分な換気をおこなう

漂白作用がある

原液濃度が違うため確認する

誤飲に注意

金属を腐食させる作用があるため水拭きをする

マスク

紙製マスクがない場合、布製やポリウレタン製のマスクを使用する。

立体マスク>プリーツマスク>平のマスク

布製マスクは飛沫感染を抑えることはできます。

型紙があれば布製の立体マスクも作りやすそうです。

 

【無料型紙あり】20分で完成!立体マスクの作り方

花粉でマスクが必要な場合

今年の花粉は暖冬の影響で飛散のピークが例年より前倒しの見込みです。

例年:3月上旬~下旬

今年:2月下旬~3月下旬

鼻マスク

スカーフ、ハンカチなどで代替え

ウイルスと違い花粉は粒子が大きいため、簡易的なもので口を覆うだけでも対策になります。

 

商品が品薄でも慌てずに、代替え対応などをして乗り切りたいですね。


ランキングにチャレンジしています。

応援お願いします♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【参考】

子ども感染症ナビ

【無料型紙あり】20分で完成!立体マスクの作り方