家の中で足元が寒い!エアコン暖房の場合

夏の暑さが苦手という方もいれば、冬の寒さが辛いという方もいますよね。

長野県に住んでいると、夏の暑さよりも冬の寒さの厳しいと感じることが多いです。

冬の寒さも家の中が暖かければ快適に過ごせますが、足元が寒いと余計に寒さを感じるのではないでしょうか…

家の断熱や間取り(吹き抜けがあるのかなど)によっても寒さ対策の仕方は変わってきます。

お使いの暖房器具によっても違いますよね。

今回はエアコンに焦点をあててみました。

エアコンを暖房に使用している

比較的新しい築年数の家は床暖+エアコン+ストーブなどを利用しているご家庭が多いのではないでしょうか。

エアコンの性能によっても、それだけで暖かい場合、ちょっと物足りないなどいろいろありますよね。

 

環境省で推奨する冬の暖房時の室温は20℃を目安

というのを聞いたことがありませんか?

ちなみに夏の冷房時は28℃が目安になっています。

【参考元】

みんなで節電アクション!

 

暖かい空気は上に行く

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に行く性質があります。

部屋を暖めても足元が寒く感じている理由の一つではないでしょうか。

エアコンの使い方のコツ

・風向きを下に設定

暖かい空気が上にいってしまうので下に来るように下向きに設定。

・風量は自動

寒いと感じたらエアコンの設定温度を上げる前に、風量アップで様子を見る

・サーキュレーターを天井に向ける

上にいってしまった暖かい空気を下に戻す役割

・加湿をする

必要に応じて加湿することで体感温度も暖かくなります。

エアコンの暖房も基本は24時間つけっぱなしの方が良い?

半日以上家を空ける場合は切っておいた方が節電にもなりますよね。

でも1~2時間くらいの外出ならつけっぱなしの方がよい場合も。

暖房を消して外出、帰宅後エアコンをつけると温度が下がっている場合はありませんか?

帰宅後部屋が寒い場合は、風量を最大にして部屋を暖める。

風量を上げたり下げたりした場合には、あとで風量設定を自動に戻しておきましょう。

 

エアコンが使う電気のほとんどは、温度設定を変える時に使われる。

風量を強くすると少しだけ使う電気は増えるが、温度を変えた時よりも少なくて済むそうです。

【参考元】

温度を上げる前にやってみよう

まとめ

暑い、寒いといっても人によって感じ方はそれぞれ違いますよね。

20℃で暑く感じる人もいれば、寒いと思う人もいますし住んでいる地域によっても違います。

エアコンを暖房として使用している場合は、温度設定を変更するよりも風量で調節をする。

短時間の外出の場合はつけっぱなしにしておく。

など試してみてはいかがでしょうか。


ランキングにチャレンジしています。

応援お願いします♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ